水晶画家

青山 京古

Kyoko Aoyama 

私はものごごろついた時から絵を描く事が何よりも大好きで、水晶などの鉱物を飽きる事なく眺めては夢想する内気な子供でした。

日本の名画や、 寺院めぐりヨーロッパ,エジプト等の美術館に行き
たくさんの芸術を見ては感動し、絵画の持つ力に魅了され時に
励まされ、何かに導かれるように制作を続けてきました。


1998年、女子美術大学大学院日本画専攻修了。20代30代は
日本画壇に出品し個展、グループ展、各賞を受賞。市民講座や
絵画教室の講師等アカデミックに活躍。

 

2000年〜仏師の父の影響もあり、仏画を描き始める。象徴化された仏の姿だけでなく今に生きる私たち人間の中にある輝き仏性を描き広めたいと決意。

2007年、世界的に活躍するベリーダンサーmishaalと出会い
師事。宇宙の神秘や女性性と直接繋がることのできる
「Goddess dance」に魅了され絵画制作への影響を受ける。
女神を描き目覚めさせる「Goddess painting 」の講師も
務める。愛のエネルギーをアートを通して循環させるべく
高尾山近郊のアトリエで活動中。日本美術家連盟会員。

What is Kyokos Crystal Art?

Based on traditional Japanese painting, Kyoko Aoyama is drawing and creating her unique artwork with painting materials which are made from crystals and natural minerals. These sacred materials from nature are so sensitive and easily change their mood and condition affected by temperature and humidity. Kyoko claims〝That it is this sensitivity which allows me to feel and connect to spirits of mother earth and enhance my creativity.” She believes crystals which have lived for thousands if not millions of years are the manifestation of Love and Light from mother Earth. Her Goddess’ series of artworks drawn and designed from the crystal minerals are magical holistic manifestations which embrace our spirits and retune our heart to the vibration of nature. About the Artist Kyoko Aoyama Since she was a child, she has loved painting more than anything. Traveling Temples in Europe to museums in Egypt and around the world she has got so much inspiration from artworks of all cultures. In 1998, Kyoko has completed traditional Japanese painting degree at Womans Art University in Kanagawa, Japan and started her career as an artist and teacher. Since 2000~She has started drawing Tanka, 〝Buddhist paintings” influenced by her father who is a sculptor of Buddhist deities. Through this works she has started looking into the beauty of our spirits and manifesting divinity within ourselves through her crystal paints. In 2007 she met with the great belly dancer, Mishaal and began to study this〝Goddess Dance〟in order to enhance the power of her own feminine shakti / divinity. She lives near Tokyo in the sacred realm of Mount Takao in Japan, hosting lots of art therapy Workshops and teaching her style of〝Goddess Painting” while doing various exhibitions to awaken our power of love through her creative art and holistic expression.

 

画歴

 

1996年  女子美術大学日本専攻卒業
1998年  女子美術大学大学院美術研究科修了
       

[ 個展]
2000年  新生堂(東京)
2003年  なびす画廊(東京)
2004年  「冬眠」COMIDAPERICO  CAFE MAcKA(埼玉)
2005年  「星のキラメキ 心のトキメキ」
                                   KAWAGUCHI ART FACTORY(埼玉)
2009年   「Goddess of the universe」/masuii RDR(埼玉)
2011年  「~森の記憶~」/art space kimura ASK?(東京)
2017年     「Spirit of Love」(みつばちファームカフェ 東京)

2018年  「Spirit of Love」(心ハミングギャラリー 東京)

2019年  「Shanti ∞ Infinity」(心ハミングギャラリー 東京)


[ グループ展等]
1998年  三渓日本画賞展/三渓園(神奈川)
        新生展/新生堂(99、01)(東京)
2000年  雪舟の里総社墨彩画展/天満屋(岡山)
       美人塔(以後毎年開催)/art space Kimura ASK?他(東京)
2001年  東京春季創画展/日本橋高島屋(02、05)(東京)
        創画展/東京都美術館(東京)
2005年  トーキョーワンダーウォール公募2005/東京都現代美術館(東京)
        シェル美術賞2005/代官山 ヒルサイドフォーラム(東京)
2006年  ART SALD(~10)/masuii RDR(埼玉)
        トーキョーワンダーウォール公募2006/東京都現代美術館(東京)
        みほとけ 義村幸・京子親子展/川口文化総合センターリリア(埼玉)
2008年  ART SALAD韓国巡回展/KWANHOON gallery(韓国ソウル)
2009年  ふたりの女神-それぞれのmuse-/KAWAGUCHI ART FACTORY(埼玉)
2010年  上野の森美術館賞展/上野の森美術館(東京)
       L'eclat de la vie ~花と女神 植物がつたえてくれること~/Arianna(東京)
       秋のひかり展=義村京子<日本画>戸田晶子<ガラス>=/masuii RDR(埼玉)
       私の女神 ☆ それぞれの今/ギャラリー高瀬川(島根)
2013年  Imago Mundi(Fondazione Querini Stampalia ヴェネチア)
       4の扉〜境界を超えて〜(東京都美術館)
2014年  「太陽と月の星まつり」(町田市立中央図書館 東京)
2015年  カフナカイCD「Spirit of love]リリースライブにてライブペイント
2017年  光合成をしない銀竜草たち 展
       ~寄り添う龍と女神の歌~/SPICE OF ORB GALLERY(東京)



 
[受賞]
1998年  三渓日本画賞展 佳作賞受賞
1999年  新生展 新生賞受賞
2001年  東京春季創画展 春季展賞受賞
2008年  第22回川口市芸術奨励賞

[作品収蔵]
昭和シェル石油/ベネトン財団

現在、日本美術家連盟会員。 

結婚を機に、2017年より青山京古として活動(旧姓義村京子) 

[公式ホームページ] http://www.kyokoyoshimura.com

[公式Facebook] https://www.facebook.com/crystal.painting.art/

[公式Instagram] @kyokoaoyamaa

[公式ブログ] https://ameblo.jp/kyokomaomasaaki/

© 2015 Kyoko Aoyama

青山京古